BLOG

理想のジブン
になるヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Nutrition
  4. 間食で差がつく!?-アメリカのアスリートがよく食べている間食BEST3-

間食で差がつく!?-アメリカのアスリートがよく食べている間食BEST3-

こんにちは!

Performance Center Oltreです!

今回のトピックはアメリカでトレーナーをしていた時によく目にしていたアスリートの【間食】についてです。

実際にこれ、アメリカでは本当に多くのアスリートが食べているんです!

そして、それはすなわちコンスタントに体に栄養を補給できているということに他なりません。

空腹を感じる前に間食をいれることで血糖値がある程度安定し、それによっての集中力を保ち、気分の乱高下を防ぐことができます。

また我々の体はエネルギー不足に陥った際、筋肉を分解を始めてしまいます。

もちろん脂肪もある程度は分解されますが、体内の脂肪というのは生命を維持するための最後の砦です。

そのため存在するだけで多くのエネルギーを消費し続ける筋肉は脂肪よりも先に分解が進みます。

これを避けるため、体が空腹を感じる前にエネルギーを体に供給し続けることは大切なのです。

とはいえ何を食べても良いというわけではなく、一応そこにはオススメの物とそうでないものが存在します。

そこで今回はもちろんその間食にオススメの物をいくつかご紹介していきます!

ナッツ系

brown nuts on white ceramic bowls

もはや定番中の定番!

まあ健康思考で結構体に気を使っているアスリートが食べている印象です。

もちろん植物由来の物とはなりますがたんぱく質も摂取でき、かつオメガ3脂肪酸を含まれており、抗炎症作用も期待できるため一般の方はもちろんやはりアスリートのパフォーマンスを支えるのに非常に大きな効果を発揮します。

かく言う私も真似して間食はしばらくこのナッツ系の物をグローサリーストアで購入して食べていました。

ちなみにグローサリーストアなんてかっこつけてみましたが、要はただのスーパーマーケットです(笑)

とはいえ私はどうにもナッツだけが入った味気ない物が最初は嫌いだったので、Trail Mixとかいうチョコレートやレーズンの入った甘いものを良く好んで購入していました。

12 Best Trail Mix Snacks of 2018 - Healthy Nut and Fruit Trail Mixes

そのためカロリーは相当高く、ナッツ系の物の中では一番不健康なものを食べていたと思います(笑)

もちろんアスリートにとってカロリーは非常に大事なので別にカロリーを悪者にするつもりはありません。

問題は私はトレーナーであってアスリートではなかったのでそこまでカロリーは必要でなかったという点です。

もし、非アスリートが真に健康的にパフォーマンスの向上を図るならば下の商品の様にしっかりとナッツ類だけが入ったものを選んでおくのが良いとは思います。

プロテインバー

アスリート、もとい筋肉の味方のたんぱく質が豊富に含まれたプロテインバーです!

このゲータレードが出しているプロテインバー、本当に色々な味があっておいしいので学生アスリートも良く食べていたのを覚えています。

私のいた大学ではアメフト部なんかは特に待遇が良く、選手に大量に支給されており、支給してもらえない他の部活の人間はたまに不満を言っていたりもしました(笑)

このプロテインバー、20gのたんぱく質が含まれておりカロリーも350kcalあるので1本食べればかなりの満足感が得られます。

個人的には日本のサイズの小さいプロテインバーよりもこれくらい突き抜けていた方が好きではあります(笑)

日本の商品で個人的に好きなのは以下の商品。

サイズ的に満足感という点では少し物足りないと感じることもありますが味は保証します。

シリアルバー

これは何と表現したらよいのか…

シリアルバーというのはあまり日本ではなじみがないように思います。

いやシリアルバー事態はあるとは思うのですが、この中にジャムが入っているタイプはまだ日本では見たことがありません。

Hill Country Fare Strawberry Fruit & Grain Cereal Bars - Shop Snacks &  Candy at H-E-B

これは先ほど紹介したプロテインバーとは違い、基本的にたんぱく質を摂取することを目的としたものではありません。

じゃあ、これをあえて食べる目的はというと…

正直これでなければいけないという理由は個人的には見当たりません(笑)

理由を無理矢理つけるとするならば、カロリーの補充と食物繊維が多いことで腹持ちがよく空腹になりづらいといったところでしょうか。

また人工甘味料などはさすがにプロテインバーよりも控えめであると思われるのでその辺が気になる方には良い間食のお供かなと思います。

最後に

なんだか商品の紹介みたいな感じになってしまいましたが…

なんとなく間食で食べられているものがつかめていただけると嬉しいです。

もちろん今回は私の記憶に強く残っているモノをただご紹介しているだけなので、実際に統計などを取ればもっと違う物が好んで食べられているのかもしれません(笑)

単純にバナナを食べたりリンゴを丸かじりしたりといったアスリートも結構いた気もしますし…

まあとにもかくにも間食は賢くとることができればアスリートのみならず、誰でも日々のパフォーマンスを向上させることができる大きな可能性を秘めています。

なので騙されたと思ってまずは試して見てください(笑)

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事