Guarana Antarctica

こんにちはATCのダビデです。

突然ですがみなさんガラナ(Guarana)ってご存知ですか?

これあまり日本では知られていない植物なのですが地球の反対側のブラジルでは国民から愛されているソウルフード的なものでして以下の様な見た目をしています。

Guarana Contains Over 10X the Amount of the Key Antioxidant ...

ぱっと見なんだか人間の目玉の様な感じで地獄にはえているといわれても納得してしまうような見た目ですが、これがなかなか馬鹿にできない優れものでして我々のパフォーマンスを向上させてくれる可能性を大いに秘めた植物なのです。

ガラナの効能

前述したようにガラナはスポーツ界ではそこそこ有名な植物でして、アスリートのパフォーマンスを向上させるのではないかと結構な数の研究がすでになされている程の有能植物でして、実際に効果の程も確認されております。

そこで今回はそんなガラナが我々に与えてくれる効能についてご紹介していきます。

抗酸化作用

ガラナには数種類の抗酸化物質が含まれているとされ、その抗酸化作用は我々日本人の愛するお茶と近いそうです。

抗酸化物質の効果のほどはいまさら説明不要かと思いますが、一応下記に代表的なものを記載します。

  • 老化防止
  • 癌の予防
  • 心臓病の予防
  • 酸化ストレスによる筋肉へのダメージ軽減

まあこれだけでも十分な効能だとは思いますが、やはりお茶と同様カテキンが含まれているので昨今猛威を奮う新型コロナやその他の感染症に対してももしかしたら効果を発揮してくれる可能性はありますね。

疲労軽減

ガラナは名前こそあまり有名ではありませんがエナジードリンク界隈では結構定番の内容物らしく、これは同時にカフェインがめちゃくちゃ豊富に含まれている植物でもあります。

実際にそのカフェイン量はコーヒー豆の6倍ともいわれているというから驚きです。

ではこのカフェインがどのような働きを持って我々の体に刺激をいれてくれるのかというと、アデノシンという脳をリラックスさせる物質の働きを阻害して脳に活をいれる役割を果たします。

そういった効果もあり、ある研究ではガラナとビタミンサプリメントを摂取したグループはその他のプラセボを摂取させられたグループと比べ疲労の感じ方が明らかに違ってきたそうです。

ただです、まあ良くエナジードリンクなどでこれは元気の前借りという風に表現されることがあります。

まあ私もそれはその通りだと思っておりまして、疲れを感じづらくするだけで実際に体は同じくらい動いていますしそれに伴って筋肉はダメージなりなんなりを負っているはずです。

それにもかかわらず疲れを感じないのはただ単に脳がそう感じないだけなのでやはりこのカフェインの効果などで疲れをふきとばそうとするのにはやはりそれなりの跳ね返りが来ることもありそうですね。

集中力向上

前のセクションで紹介したカフェインの効力でも集中力は向上することはいくつかの研究で紹介されています。

ただガラナにはどうもそのカフェイン以外にも我々の集中力を増加させてくれる何かがあるのではといわれております。

というのもある研究にて4つのグループを作りそれぞれに4つの違った容量(37.5㎎、75㎎、150㎎、300㎎)のガラナの成分を含んだサプリを摂取してもらい記憶力や学習能力にどうちがいがでるかを実験したところ、なんと37.5㎎と75㎎摂取していたグループがそれよりも多く摂取していたグループに比べて良い成績を残したとのことでした。

カフェインの効力であれば基本的には多い容量を摂取したグループが良い結果を残すはずなので、もしかしたらこれはカフェイン以外にもこういった能力を上昇させる物質がガラナにはあるのではといわれているわけです。

もちろんそれが何なのかは未だ判明してはいないようですが…

減量効果

女性などはこの効果があるとやはり嬉しいのではないでしょうか?

もちろんアスリートにおいても余分な脂肪はパフォーマンスの低下を招くので落としておくに越したことはないので体重をコントロールできる効果はありがたかったりします。

ある実験ではガラナとエフェドラという物質を混ぜたサプリメントにて8週間の体重の推移を計測したところなんとこのサプリメントを摂取していたグループは平均して4㎏の体重の減少が確認されたとのことです。

まあガラナだけではなくエフェドラという減量に効果があるのではとされている物質を加えているのでガラナの効果だとは言えないところはあります。

さらに8周(2か月)で4㎏の減少ともなると少し個人的には心配かなと感じています。

もちろん8周で4㎏ならばまだ健康的な減量の範囲には収まっているとは思いますが、実際のところエフェドラは一時期海外でも減量薬として人気になりはしましたが、その後安全性に問題があるとされて国によっては販売が禁止になっていたりもするようなので、ここまで紹介しておいてなんですがこれについてはおすすめはできません

最後に

まあサクッとだけガラナについてどのような効果が見込めるのか可能性の話としての紹介をさせていただきましたが、まあなにか夢がありそうな植物ではありそうですよね?

もちろん他の物と同様摂取しすぎたり、その人のコンディションによっては副作用なども出ることはあるようですが、基本的に常識の範囲内で摂取していただければもしかしたら効果の良いとこどりができる可能性はありますね。

ちなみになぜ今回ガラナの紹介をしたかというと、このドリンクをアマゾンで発見してしまったからです(笑)

これ実はブラジルでは国民的なドリンクといっても過言ではないほどの人気のある飲み物でして、私もブラジル人とルームシェアしていた時に分けてもらって飲んで以降、このドリンクは私のお気に入りとなってしまいました。

多少クセがありますがさっぱりと飲めて栄養などそこそこ豊富(糖分も)なのでブレーキが効かず速攻でポチってしまいました(笑)

日本人の舌には結構合うと思っていますのでもしよろしければ皆さんも是非購入して飲んでみてください。

そして感想をコメントという形で頂けると嬉しいです!

それでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です