アルコールに関しての誤解

liquor pouring on clear shot glass

こんにちはATCのだびでです。

本日自身が通っているジムにあるサウナの中で私としては非常に引っかかる話を聞いてしまいました。

気になった会話

内容の全てはもちろん書きませんが、特に気になった個所がこれです。

「土曜日の夜は運動した後にこうやってサウナに入って喉をカラカラにさせとくんだ。そうすると家に帰った後のビールが格別に旨い!そのまま酒の力で寝つきもよくなるから毎週日曜日は週で一番気持ちよく起きられる」

もう内容が恐ろしすぎてサウナの高温と相まって気を失いかけました…

「サウナで脱水して喉をカラカラにしてからビールを飲むなんてなんて恐ろしいことをしているんだこの人は…わざわざ健康を害しにジムに来ているのか?」

という思いを抱いたのが1つ目。

しかしまあ私には理解できませんが夏の暑い日に飲むビールは最高だという話はよく聞くのでまあこの人は冬にもそういった状況を疑似的に作り出し、楽しんでいるのかなと…そう思うことでまあ納得はしました。

もちろんサウナの後はきちんと水分補給してほしいですけどね!!

ですが私がどうにも納得できなかったのがもう一つありましてそれが酒の力で寝つきが良くなるといった部分です。

これは皆さんどう思います?

実際はどうなのか

思うに眠りにつくスピードが早くなることはあると思います。

しかし眠った後の睡眠のについてはどうでしょう?

私個人的には飲んだ次の日の朝なんて体が鉛の様に重かったということが多いのでに関しては悪くなるという印象しかございません。

もちろんアルコールにも色々な作用があり、摂取する人によって体に起こる影響が大きく異なるのは言うまでもありません。

ですが私の様なトレーナーの立場からするとアスリートにはできるだけアルコールは取ってほしくありません。

理由は怪我していた場合はそこへの影響が心配されたり、トレーニング後であれば単純にアルコールの摂取でトレーニングの効率が薄まるからです。

他にも睡眠に関しては以下のような影響があります。

Several hours after that nightcap, the alcohol raises the body’s level of epinephrine, a stress hormone that increases the heart rate and generally stimulates the body, which can result in nighttime awakenings. Indeed, alcohol may account for 10% of cases of persistent insomnia. Alcohol also relaxes throat muscles, and this relaxation can worsen sleep-related breathing problems and contribute to sleep apnea. What’s more, alcohol may increase the need to urinate during the night — just another way in which it can disrupt sleep.

簡約

アルコールを摂取してから数時間後にはストレスホルモンであるエピネフリンが増加し脈拍数をあげ、体を刺激し始めることで夜中に起きやすくなります。しつこい不眠症の10%程はアルコールが原因であることはもはや周知の事実です。さらにアルコールは喉の筋肉を弛緩させ睡眠中の呼吸へ悪影響を及ぼし睡眠時無呼吸を引き起こしかねません。最後に利尿作用で睡眠を妨げるということもします。

 参照:https://www.health.harvard.edu/mind-and-mood/alcohol-and-fatigue

最後に

私は人の楽しみにケチをつけたいとかそういったことは思っておりません!

実際に話していらっしゃった方がそれで快眠を得られていて日曜日の朝を気持ちよく迎えられているのならばそれは喜ばしいことかと思います。

ですがあくまで私の体感ですが、お酒が睡眠の効率を上げてくれると考えている人って相当な割合でいらっしゃると感じておりまして…

そういった安易な考えのもと、寝る前にお酒を飲むことはやめていただきたいという思いがあります。

もし睡眠の質がどうしても悪いという方で周りがお酒を勧めるから飲んでいるといった方がいらっしゃいましたら今すぐやめましょう!

そしてなぜ質が悪くなっているか考えましょう。

睡眠の質が悪くなる原因はもちろんたくさんありますが、寝る前にテレビやスマートフォンを見すぎていたりといった案外単純なものも多くあります。

まずはそういったところから睡眠と真剣に向き合っていただきたいです。

お酒を飲むなとは言いません。

ですが睡眠の質を高めるために飲むのは恐らく間違いですので…

ストレッチや読書などなにか違うことを試していただけると良いかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

Athletic Performance